2017年5月~6月で見たAmazonプライムビデオのアニメとかを紹介する記事。

Amazonプライムに入り、Amazonビデオの奴隷になりまして、いろんなアニメを見ています。

Amazonビデオがほんとうに便利なんですよね…で、見たアニメとか面白かったですませるのも勿体無いし、僕はブログって場を持っているので、ちょっとだけネタバレしない程度に感想でも書いていくか。と思ったのです。

そんな記事。見たアニメが増えたら定期的に書くかもしれません。

スポンサーリンク

サクサクっと紹介。

長々書いてもしょうがないので、興味が出たら見てください。

そんぐらいの感じでいいと思うんです、誰かに勧めるときって。

プラスティック・メモリーズ

まぁいいから見て、って感じですね。

僕はボロクソ泣いたので、心がピュアな人はボロクソ泣けると思います。

僕は心がピュアだからボロクソ泣きました。(?)

あとね、雨宮天さんが最高な作品ですね。1週間フレンズと同じぐらいのハマり役です。

1クール作品なのでサックリ見れるのもポイントですね。

でも引きこもって一気に見て欲しいですね~。

ビビッドレッド・オペレーション

僕みたいな見たことないけど尻アニメでしょ??みたいな印象を持ってる人ほど見て欲しい。

ストライク・ウィッチーズのような設定を期待すると肩を透かすけど、このアニメのテーマは友情なんですよ。ご都合主義だったり設定だったりを突くと、もう色々あるけど、可愛い女の子が、友情で、アツくて、めっちゃいいんですよ。

そういうアニメだと思って観たら、これはきっと、すごくいい作品だと思います。

1クールだし、手軽に見れて、めっちゃオススメ。

スクライド

あなたの性別は?男?よし、スクライドを観よう。

あなたの性別は?女?よし、スクライドを観よう。

ものすごくアツい。不器用な男たちのお話。めっちゃアツい。メンタル的に男の子の部分がめちゃくちゃ刺激されます。燃えてしまうんですよ。燃えるアニメの教科書みたいなアニメだ。

2クール。拳で語りあうの好きなら観ような。

機動戦艦ナデシコ

さて、もう20年も前の作品だということが信じがたいほど、僕の中では古い作品という印象がない。スパロボだとかで出ているからだろうけど。

伝説の造形とも言えるだろう電子の妖精「ホシノ・ルリ」を生み出した本作。

ドタバタラブコメディで、意外とシリアスに、そしてSFもやり、熱血。

そんなごった煮2クールな本作。13年ぶりぐらいに見直したけど、やはり面白い。

機動戦艦ナデシコ The prince of the darkness

結果的にではあるが、TVシリーズは劇場版のために作られたような構図になってしまったので、もちろんTVシリーズを見るのであれば劇場版もセットで観て欲しい。

コードギアス 反逆のルルーシュ+R2

もちろんコードギアスは面白い。最高に面白い。

10周年という単語を観て頭を抱えたくなったが、10年ぶりに観てもやはり面白かった。

観てほしいけど正直タイミング的にどうだろう、というところ。

というのも、TVシリーズを再編集+新規要素を入れた「第3期」に備えた劇場版3部作が作成されて公開されるからである。正直このアニメのネームバリューはすごいもので、なんとなく知ってるレベルのオタクが大半だろう。なので、正直、僕は、どうせ話題になるし、劇場版でもいいのでは。と思ってしまうのだ。

とはいえ流石に名作なので(特に1期が面白い)どのタイミングで観ても面白いと思う。

10年前なのに全然古臭いって感じがしなかったのも、なかなか驚いた。

1期が2クール、2期も2クールなので、累計4クール。ちょい長め。

装甲騎兵ボトムズ

4クール。「むせる」が有名な作品。

流石に古臭さが否めない。否めないのだが、めっちゃ面白いのだ。

流石にリアルロボットアニメ最高峰と言われると、僕はどうしても「うーん…」とは思ってしまう。そういう評価が多いから、僕は逆に見なかったりもした。が、オタクからボトムズを見ろと言われ続けていたし、なんとなく観たのだ。気づいたら完走していた…。リアルロボットアニメ最高峰かと言われると「うーん…」ではあるが、めっちゃ面白いのだ。

ただロボットアニメだから面白い、というより、純粋にシナリオと世界観が面白いって感じでなんですよね。だからロボットがカッコイイ(派手な戦闘や見せ場がある、いわゆるアクション寄りのカッコよさ)みたい近年のサンライズみたいなのを期待すると、ひたすらに地味。

昔から気になってるんだよね…ってオタクはとりあえず観て、予告にシビれて、4クール完走して欲しい。

Charlotte

友利奈緒は最高だ。

1クールなのでサックリと観れてかつ僕はめっちゃオススメしたい作品なのだが、この作品はTVシリーズだけだと作品の魅力を半分ぐらいしか発揮できないという致命的な欠点を持っている。

というのも、TV版のスケジュールで組み込めなかった話があるのだ。それを観ていないと、最終話の評価が雲泥の差なのだ。

であるからして、Amazonプライムビデオでこの作品を見る際、まずやって欲しいことが

1.一気に見る

2.最終巻だけDVDかBlu-rayを借りていくる

3.最終巻に入っている特別編「強い者たち」を最終話の前に見る

である。3については別にどこでもいい。

個人的には5話~6話の間に挟むか、12話~13話の間に挟んで欲しい。

無敵超人ザンボット3

30年も昔のアニメだが、スーパーロボットアニメの皮をかぶった鬱アニメである。

鬱アニメなんだよ……。

詳細はネタバレなので色々言えないんですが、相手が宇宙人で、僕らとは違う生物です。

つまり、彼らからすると人間は、我々の視点で見る虫みたいなものなんですね。

だから、どれだけ非人道的な行為であろうと、人に対してそもそも尊厳や罪悪感みたいなものがないんです。

それはもう、人が、すごい死にます。1クール目ぐらいは懲悪ロボットアニメっぽさが気持ちないこともないんですが、16話ぐらいからこのアニメはとんでもない鬱アニメになります。

2クールしかないんですが、2クールで良かった…。そんなアニメ。

スパロボとかでタイトルは有名だと思いますが、改めて観たことないやって人はおすすめですよ。正直15話ぐらいまでは適当に見てていいと思います。

シュタインズ・ゲート

ゲームはプレイしていて、アニメは見ていなかった。ゲームの完成度が高すぎだから、アニメやってもダメになるだけでしょう。そう思っていました(当時はADVのアニメ=駄作が多かった)

が、まぁ、流石に原作が近年稀に見るレベルに名作であったし、アニメも当然メッチャクチャ面白かった。強いて言えば、アニメだと面白くなるまでにひどく時間がかかる。

7話ぐらいからだろうか、物語が動くのは。仕掛けに時間がかかるのはしょうがないし、それだけの時間をかける意味もあるので、いわゆる3話切りで「過大評価w」の一言で終わらせるのは待って欲しい。そんなアニメ。

ゲーム原作が当時流行っていたネットスラングを多用し、いわゆるリアルタイムでの秋葉原をモデリングしたものだから、今ではネタが古臭くてやや寒いのだが、懐かしみながら見るとそれはそれで良さもあったりなかったり。パロディ系の宿命ですね。

機動武闘伝Gガンダム

今日観ました。10年ごしぐらいに観た。めっちゃ面白かった。。。

ややネタ色が強いし、これをガンダムというのはあまりにアレだけど、それでも困ったことに、驚くほど面白いんだ。Gガンダム。

これも23年前の作品なんだけど、面白さや熱さは健在。

いろんなゲームでもGガンダムは多く登場するし、観たいんだよなぁ~~!って思ってる人は、とりあえず見たらいいと思う。

ただ、4クールなので、やっぱり長いな~ってところがあるのと

いわゆる熱血っぽさが出てくるのは3クール目、ガンダムファイト世界大会編ぐらいからで、それまでは比較的真面目というか…ややクールな(気持ち)展開が続く。なので「なんかイメージと違う…」となってしまうかもしれない。

結局いっぱい書いた

にゃもも
オタク乙!

2ヶ月でいっぱいアニメを見たんだなと自分でも驚きです。

夏なので夏らしいアニメでも観たいですね~!!

スポンサーリンク

Share

follow

関連記事(・8・)
//値が空の場合の処理