エロゲって本当に長いの?

ものすごい久しぶりにエロゲやってます。時間があるもので。

積みゲーたっぷりで逆にやる気はなかったんですが、前日に購入しました

PSVゲーム ソードアート・オンライン ホロウフラグメントを2時間で投げてしまったので

こりゃいよいよ手持ち無沙汰…というわけでエロゲ崩すかみたいな感じです。

モンハンダメな僕がやるべきゲームではなかったぜ…。

それはさておき。

エロゲをやるにあたってふと思ったことがあって

そもそも僕はなぜエロゲをやらなくなったのか。

また、どうしてTwitterのTLでエロゲをやってる人がほとんどいなくなったのか。

という問題について少し考えてみようと思いました。

職業エロゲーマーですとか言えるぐらいエロゲしかしてなかった

まず僕は就職するまでは大学生エロゲーマーをやってたんですよ。

保有タイトルは100を有に超えてましたし、エロゲタワーだって作りました。

大学生なので資金繰りにとても困ってたんですが(給与が全部エロゲに消えて貯金とか全く増えなかったり減ったり)そこは錬金術を上手いこと使いながらなんとかアレしてたわけですね。

ものすごい久しぶりにゲームメーターなんて引っ張り出してきて少し確認してみましたが

f:id:sn_rain:20140808211054j:plain

当然中には無料の同人ゲーとかも含まれているのですが、なんかもうアホかよってぐらい

エロゲばっかりやってたんだなぁという自分でもドン引きのアレ状態でした

言われてみると他に趣味らしい趣味もなくて打ち込んでた感もありましたね

かく言う私がなぜエロゲをやめてしまったのだろうということから掘り下げていこう

最後に買ったエロゲってなんだろって思って調べてみたら「なつくも、ゆるる。」でした

多分コンプしてない。妹ちゃん可愛すぎて買ったはいいがそこでやめてしまっている。

何かあったんだろうか。日時を調べると発売日は2013年7月。

僕がラブライブ!スクールアイドルフェスティバルを始めた時期と合致しますね。

つまり、そういうことです。

内心義務感を背負っていた

エロゲをこんだけやってると、なんというかエロゲを楽しむっていうより

クリアすることに対する義務感みたいなところがあったことを否定しません

いくらやっても積みゲーが減らない。むしろ積みゲーを増やすことが楽しかった

それどころかやりもしないゲームを買うことに意義を見出してたような気もします

とはいえ今更他のものに乗り換える気もしなくて、ここまで来たら引き返せない気がして

貫かなくちゃ、エロゲーマーの矜持。みたいな感じでエロゲをやってたような気もします。

そりゃもう当然エロゲというジャンルには飽き飽きしてて、名作級のビッグタイトルなんて

早々に出るもんじゃないし、佳作級は多くてもまぁ佳作は佳作だよなってとこも多くて

代わり映えのない感じだったんですよね。

そこでソシャゲに触れて、アニメ見て、ガッツリ堕ちてしまったわけですね。

TLのエロゲーマーの減少推移

僕のTwitterでのタイムライン。フォロワー構成はほとんどがエロゲーマーでした。

であるにも関わらず、今TLでエロゲーマーやってる人って数えるほどしか居ません。

これはなんでだろうなと思ったので色々と考えてみました。

僕はTwitterを始めたのは大学生の頃だったので

必然的にフォロワーもそれら歳の近い人達になっていくわけですね

それらの人たちが就職するに連れて時間が取れなくなり、エロゲーをやらなくなっていく

そうなることでTLでのエロゲーマーが減少し、僕もそれに漏れずに淘汰されていく感じだったわけです。

社会人になると、家に帰った後の時間というものの使い方を考えるようになります。

空いた時間で寝るまでエロゲやる。という選択肢は実は非常に重いものになっていくんですよ。

エロゲをするという選択の重さ

まず、エロゲってどういうイメージあります?

僕はめんどくさい、長い、というイメージがどうしても先行します。導入長すぎなんですよね。

そういう意味では

1話30分で見れるアニメ、明確な終わりはないが手軽に長く続けられるソシャゲ

なんかにシフトしやすいというか、空き時間の選択肢としてそれらを用意すると

どうしても選択肢そのものが重くなる。ネガティブイメージが先行して選びづらくなると思うんですよ。実際に僕はアニメとソシャゲに時間を割り振りましたし、TLの人もだいたいそんな感じになってますね。

また、別途のルートとしてはPS3XBOX3DSみたいなゲーム機でのゲームにシフトする人ですね。エロゲって操作性皆無だし、プレイヤーもそれら特に望んでないからいつまでも基本的には紙芝居システムだしね。一概に悪いことではないのだけど、同じ時間を消費してやること、という選択肢として提示された時、やはりどうしてもエロゲは重くなってしまうのではないかと思ったのです。

エロゲは本当に長い?

エロゲって本当に長いのかな?ということを考えてみましょう。

あれだけ高い価格で短くても困るわって思ったりもするのですが、ある程度のエロゲーマーになってくると量なんかどうでもいいから質よこせってなったり、ハニカム文庫のミドルプライスのエロゲ最高やでってなったりもするわけですよ。なりました。気づけばプレイ時間長いエロゲは敬遠するようにすらなりましたね。

で、そのエロゲの平均プレイ時間ってのが分からないんですが、僕の読むペースだとだいたい1本辺り25時間前後でコンプすることが多かったのでそれを指針としてみると

1ヶ月辺り1日1時間のプレイでコンプできるわけですよ。アニメ2本分ですね。

僕は今期で見てるアニメが15本なので、アニメ視聴だけで1ヶ月凡そ75時間費やしてる形になりますね。エロゲだったら3本コンプできる。それにくわえてソシャゲもやってるんだ。時間がないって理由で解決するにはいささか問題がありますね。

でも出来ない。理由は前述した選択肢の重さにあります。

ながら、が出来ないエロゲ

エロゲってのは基本的に紙芝居システムなのですがオートモードで読むなんてほぼ不可能に近い状態であるのはエロゲーマー各人が分かってることがと思います。自分のペースでクリックしてボイスカットでガンガン読んでいく必要があります。となると必然的に「ながら」プレイが出来なくなってしまうんですよね。

アニメであればご飯食べながら、洗濯物たたみながら、書類書きながら。なんでも出来ますよね。でもエロゲは出来ない。手軽さがない。ライフハックなことが出来ないんですよね。

なので、本質的な問題はエロゲの長さではなく、そのエロゲという紙芝居ゲーの重さではないのだろうか、と思ったんです。

手軽に楽しめないジャンル

そういうわけで、エロゲってのはもう家に帰って残ってるタスクとか全部処理して

さぁ時間空いた!!やるぞ!!!ってぐらい万全の体制を整えて挑まないといけない

結構にめんどくさくて且つその重たい選択肢を選ぶにも精神力の必要な、いわば厄介なメディアだったのです。挙句にゲーム性もないのでホントにテキストとシナリオとブヒれるキャラ萌え要素と何よりも大切なエロという分野に対する情熱さえも必要。かつモニタ前に座らされることを強要させられるというおまけ付きで(部屋のレイアウト次第では寝っ転がりながらプレイも出来るのだろうが)そういう意味でも手軽さがアニメやソシャゲと比較するとあまりにもめんどくさいものだということが分かる。

手軽に楽しむであればホントにアニメやソシャゲに人が流れていったのも納得できるなと記事を書いて整理しながら思いました。

でもエロゲ始めました

それだけやっかなエロゲですが、始めた理由はホントに消去法で

やることないだったので、詰みゲに白羽の矢が立ったみたいな状態です

外台風だし出かけるわけにもな~って感じで

おわり

ここまでエロゲの重さについて書いてきましたが、じゃあそんなジャンルこれから衰退するばかりでは?とも思うんですが、実情はそうでもありません。

こんな感じで今後は社会人になったエロゲーマーはエロゲの本数が減っていきエロゲをしなくなってしまうかもしれませんが、逆のサイクルも存在して、つまり18歳以上になったオタクがエロゲを買い始めるサイクルです。プレイヤーの絶対数は順繰りしてそこまで大きな変動はなく、そして訓練され社畜にも負けないエロゲーマーというのも当然居るので、その点ではエロゲ業界を支えるプロエロゲーマーw(仮)によって業界そのものは危ぶまれつつもすぐすぐ淘汰されたりはないと思います。なんだかんだでエロはチカラだから。

ただやっぱり、久しぶりにエロゲをはじめてみると、面白いんですよね。

下準備とかはホントにやっぱり面倒くさいし重さゆえに優先順位はどうしても落ちちゃうけど

伊達にホントに意地や義務感だけでエロゲしてたわけじゃないんですよね、僕も。

面白い、絵が可愛い、メーカーに投資したい、めっちゃ抜けるから好き。

なんていろんな理由がありつつ、なんだかんだで安くないお金払うんだから

趣味に、自分の好きなことにお金を使いたい。って思うのが人間の本質だから

なんだかんだ言いつつ気持ちは揺らぎながらもエロゲが好きだったし、今でも好きなんだなって実感しました。

エロゲやらなくなった元エロゲーマーの人も、たまにはエロゲやってみると

意外と面白く感じて熱が戻るかもしれませんよ。

ちなみに僕が始めたのは「さくら、咲きました。」というエロゲです。

何年か前に大阪行った時にソフマップで買ったやつな。やっぱりエロは素晴らしいって思った。(賢者)

スポンサーリンク

Share

follow

関連記事(・8・)
//値が空の場合の処理