カメラ素人の僕がミラーレス一眼「LUMIX DCM-GF7」を買いました。

年末からカメラ欲しい、カメラ欲しいと言い続けて来ました。

そうして、カメラオタクから沼に沈めらるように肩を押され突き落とされ、まんまとカメラを買ってしまいました。

後悔もお金もないですが、カメラを選ぶために、かなり調べたり、自分が何を撮りたいのか。何故一眼レフではなく、ミラーレス一眼なのか。それをどういう風に扱いたいのか。なんかをいろいろ考えたりしたので、それらを記しておこうと思います。

購入を迷っていたり、カメラに興味がある人は参考にしてくれればな、と思います。

 

僕が選んだカメラはこれ。PanasonicのLUMIX DCM-GF7です。

Wズームキット(標準レンズ+望遠レンズがついてるお得なセット)を買うかずっと迷ってたんですが、僕は望遠レンズを使うというか、レンズを付け替えるということを、可能な限りしたくないと思っていて、最初は標準レンズ単体で使って考えて、必要性を感じたら別にレンズを買おう。というプランを取ることにしました。

結果、WズームキットからWズームレンズを抜いた、新中古に近いアウトレット品を買いました。

サプライなんかも合わせて3.5万円ぐらいでした。予算よりかなり安く済んだので、ラッキーでした。僕的にサプライ込で5.5万とか、それぐらいは見てたので。

 

もちろん、Wズームキットを素直に買ったほうがコスパはいいんですけど、あんまり望遠レンズを使うイメージが自分の中でなくて……高くて良いもの安くで手に入れて、けどそれを持ってても、使わなかったら結局意味ないっていうか……お歳暮のタオルみたいになりそうだったのを、危惧したのです。

あと、興味のあるレンズが単焦点レンズだったので、そっちを別で買うつもりでいた為、優先度が下がった。というのが理由ですね。単焦点だとパンケーキレンズっていうめっちゃ薄いレンズなので、ほぼ荷物にならないから、レンズ付け替えしてもいいかな~って思ってます。

 

何故、今、GF7なのか。

今回購入したDCM-GF7ですが、現行機種ではなく、エントリークラスの機種としても1個型落ちしているモデルです。

パナソニックのGFシリーズの、エントリーモデルの最新機種は、このGF9なんです。が、カメラ業界って値崩れが激しいみたいなので、初動から最新のエントリーモデルを、新品で買っても、ろくに使わないまま値段が崩れていく恐れがあるな。って思ったんですよ。当然、最新機種は性能がいいんでしょうけれど、僕はカメラ屋で実機を何度も触って、値段以上の差を感じることができなかったので、GF7を選びました。そりゃ、現像環境高解像度で撮影した写真を確認する環境もなく、なので、性能を余すことなく比較なんて出来るわけはないんですが、店頭で触った感じでは倍近くある値段の乖離を正当化する材料がなかったんです。あと予算もなかった。

 

結局買ったのはPanasonicのGF7でしたが、ギリギリまで迷っていたのが、キヤノンのEOS M10でした。

 

こちらも近々に最新機種のEOS M100が発売されたので、「EOS M10も今後どんどん値段が落ちていくんだろうな」と考え、結構葛藤していました。実機を触った時、キヤノンのEOS M10、直感的なUIなので、かなり使い勝手が良かったんですよ。

レンズも豊富なキヤノンですし(SONYとキヤノンのレンズがめっちゃ多かったので、市場としてもシェア率が高いのかなって思ってます)加えてBluetoothでファイルのやり取りが出来るってのは個人的にかなりポイント高かったです。

これは調べたらEOS m100だけで、EOS M10には実装されていないみたいですが、撮影した写真をSNSに共有したりする場合、wifi+専用アプリを経由して[カメラ→スマホ]と遷移しますが、アプリを経由し、専用wifiに接続しないといけないので、wifi環境下の場合、接続先を都度変えたりしないといけないので、少し手間なんですね。その点EOS M100はBluetoothでの通信も行えるため、めちゃくちゃ楽そうでした。使ったことはないんですが、惹かれるポイントでした。ただ、EOS M100はどう考えても予算オーバーだったので、結局GF7を選んだんですけどね。

 

GF7を選んだ理由1:見た目

GF7を最初店頭で観て、THEカメラっていう見かけにビビっと来て、「カメラ買うならこういうやつを買う!!!」って強く思いました。僕は今まで、カメラのイメージが、めっちゃ黒くてゴツゴツしているだったので、こういうスチールな感じのTHEカメラみたいなカメラもそういえば現存していたな、と思い出したんです。オタクですから、性能面を考慮すると、見かけなど二の次だろうという気持ちも分かるんですが、長く付き合っていくアイテムですから、その見かけも好きになれば愛着も湧くというもの。なので、見た目は非常に重要視していました。

悩んでいた「EOS M10」なんかはその点ビジュアル面がちょっとこう、全然好きにはなれなかったんですよね。デジカメ感あって、そこにレンズ着いてるみたいな、まぁ当たり前なんですけど、どうもチグハグしちゃってた。見かけで選ぶなら絶対GFシリーズだなって思ってました。だから買っちゃった!って感じですね。やっぱ旅カメラって感じがするのも、すげーオタク的な理由ですが、いいなって~って思うです。このフォルム。

ホントはカラーをブラウンにしたかったんですよ。ただアウトレットであったのがシルバーのみで、シルバーもいいなぁと思っていたので、些細な問題だぜ!!ということでシルバーを選びました。

おっさんオタクなのに、カメラ女子向けみたいな戦略がドハマリしてるし僕実質カメラ女子かもしれない。ガハハ。はい次。

 

選んだ理由2:使用目的

まぁこれはGF7っていうか、ミラーレス一眼を選んだ理由って感じですが

カメラを買って、何がしたいのか、どう扱いたいのか、を考えました。

もちろん僕はオタクなので、フィギュアの写真を撮ることが主になってくると思うのですが、それ以外にも地方民で、オタクなので、かなり色んな場所に遠征する機会が多いんですね。それは聖地巡礼と呼ばれる舞台めぐりだったり、ライブ会場の風景(もちろん外観の話ね)を撮影したり。いわゆる「思い出」作りみたいな側面。

そういうシーンでカメラを使うからには、要求されるのが「スマホのカメラで撮影するレベルの気軽さ」でした。

良い写真を、思い出を、気軽に、収める。ただ僕は「写真」を追求する気はなくて、けど少しの手間や面倒臭さを写真の過程に残して、「写真と対面する機会」を作りたい。そんなと考えていました。

 

スマホで撮る写真って、記憶と言うか、記録なんですよね。収めて、それを見返したりすることもあんまりなくて(少なくとも僕は)つまりシャッター1枚。写真1枚に対しての気持ちが乗り切ってない。僕はそう感じまして、実際カメラで撮った写真を観てても、「あんまり思い出らしいものは蘇ってこねえな…」ってなって。

それって記憶が新しいうちに、現像なりなんなりの加工をしたり、写真を精査/整理したりしないから、思い出としての定着もされないからなのかな~なんてオタクらしくも理屈で考えたりしました。

そう考えると、カメラって完全に必要品じゃないですか。そうなってしまうと、カメラ欲しいってなっちゃって、買いました!w

 

選んだ理由3:シームレスさ

そういうわけで、前述しました通り、シームレスさが欲しかったんですね。言ってしまえばスマホで写真を取るのに限りなく近い感覚で、気軽に、準備や身構る予備動作を限りなく減らして、小型で、いい感じに。加えてカメラっぽさを見かけにも感じられるようなフォルム。で、何度もカメラ屋さんに通って、お財布と相談して(未来の僕に泣いてもらって)選んだのがGF7だったのです。

正直それを満たすのであればコンデジでもいいんです。だからコンデジを買おうかなとも思いました。けどやっぱり、コンデジとミラーレス一眼を、ほぼ同じ値段で買うなら、将来性や、写真を撮るにつれて芽生える「もっといい写真を撮りたい」「こういう写真を取りたい」という状態に陥った時、コンデジであれば本体を買い換えるしかない上に、発展性がミラーレス一眼や一眼レフに比べて微妙で、ミラーレスであればまずレンズを試すことが出来るし、それでも満足できなくなったら一眼レフやミラーレスの上位モデルといった、ステップアップが用意されているんですね。特にレンズ。撒き餌レンズっていう、リーズナブルで性能が高いレンズがあって、ステップアップ(沼に落ちる)将来性が用意されている。そうなると、ミラーレス一眼を選択することが正解だと思ったんですね。

 

実際に、適当に取ってみた写真紹介だ!

まぁ、カメラですからね。論じるよりも俺の取った写真を見ろ。というほうが早いですね。

僕はカメラ初めて触ったレベルですし、実際に触って4日程度で、まだ露点がどうだの、ISOがどうなの、何それ喰えるの?みたいな状態なので、ほぼフルオートで撮影になります。

ただ、掲載している写真はほぼRAW撮影+現像で味付けをしてあります。圧縮しているので、まぁ…という感じは否めないのですが、スマホで取る写真よりも「一段上」っぽくなっていることを、伝えられればいいなと思っています。

とりあえず見てください。

 

食べ物の写真

焼肉!!!

焼肉!!!!!!!!!!!!!!!!!

ケーキ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

年越しそば!!!!!!

カレー!!!!!!!!!!!

 

まぁ、こんな感じです。GF7には撮影モードがいつかあり、これらは「料理を美味しく撮るモード」みたいなやつで撮影した後に、それをPCで現像して色味を好みした、という写真です。

GF7で撮影するだけでは、こんな感じの写真にはならず、RAWで取った写真を「現像」することで、色味の調整などを行えるので、僕はカメラの醍醐味はこの「現像」だなって思ってます。

 

まだカメラ触って4日目なんですけど、前述通り僕は「気軽にスマホで撮影する延長線上」にカメラの位置を置きたくて、そこに重きを置く以上、可能な限り撮影はAFで楽をしたい。ISOが~シャッタースピードが~というのを考慮せずに。

滝とか星とか、撮り方が特殊なものはもちろん話が別です。が、おそらく現代、僕みたいなタイプはそれなりに増えているのかなって思います。インスタ映を考えて買おうとしている人たちは、おそらくそうでしょう。もっとこだわるなら一眼レフを選んだほうがいいのではないかなと、実際に一眼レフを触って思います。やっぱ全然性能も違うし。

 

さて話は逸れましたが、つまり現像ってのは、撮った写真を、色味を変えたりして味付けすると、より好みで良いものにすることが出来るもので、カメラの醍醐味なのかなって思ってます。

しかし、それがどれぐらい変わるのか。比較がないとわかんないのも事実。

次は風景絵を何枚か撮りまして、その中でもいくつか、比較をしていこうと思います。

 

風景絵!

1枚目が普通に取ったもの、2枚目が現像後。もう魔法かよってぐらい色味が違いますよねw

露点で全体を明るくして、赤みを強調して鮮やかさを出したって感じです。

 

夜景比較。これは好みですが、電灯が反射する樹の暖かい光、ってのを強調したくて

黒を上げて全体的に黒を強調。その上で白も強調して、ぼわっと明るさを出しました。

 

夕方に撮ったんですが、ロケットの白さを表現するには、影も入って全体的にボヤッとしていたので

全体的に明るく露点を調整して、空も薄めの青を意識して、空の遠さみたいなのを意識してみました。

 

その辺に生えてた何か。黒と緑を強調して、力強さを出して、ハッキリさせた写真。

全体的にボヤッとしてた写真の中に、画面中央の2つの実を軸に、主役を作った。みたいな1枚です。

 

もちろん加工や現像、色味や写真の目的、何を主役とするか、というのは人それぞれなので、僕は全部2枚目が好きですが(僕の趣味で現像したので)1枚目の加工前のほうが好き。または俺なら全体的に暗めにして~とか、明るめにして~とか、好みは絶対に出てくると思います。ただ、そういう加工が「出来る」のも、カメラならではの醍醐味なんだな、ってのが伝わるといいなって思います。

 

オタクの写真

はい。僕はオタクなので、当然オタクな写真も撮ったりしてまして……

これはプライズフィギュアの高海千歌ちゃんなんですけど、ちょっといい感じに撮ると、プライズ感があんまりなくなって、むしろ付加価値すら生まれるような気さえしませんか。被写体の価値を引き上げる、ってのもまた、カメラの醍醐味なのかな~って感じましたね。

まぁ、その、裏側っていうのは、思ったよりも切なかったりしますが

CDジャケットの撮影とかもだいたいこんな感じだし、多少はね?

 

こういうえっちな構図で、えっちな写真を撮るのもいいですし(意図的に露点を下げて、肌色のリアルさを意識しました)

 

性能に物を言わせてクソみたいな写真を取るのも楽しいです。

 

――――I am the bone of my sword.
“熾天覆う七つの円環”――――!

 

年明け早々何してるんでしょうね。アホですね。

 

あると便利なものや必要なもの。

さて、みなさんカメラ欲しくなったと思うんですが(きっと)ミラーレス一眼って実は、サプライ品もそれなりにお値段がするので、僕が買ったものを共有しておこうと思います。

 

タッチパネル保護フィルム

 

まず、ミラーレス一眼ですが、基本的にはスマホ同様にタッチパネル操作になっています。もちろんダイヤル操作もありますが、タッチパネルがメインになってきます。そこで、スマホ同様タッチパネルに保護フィルムが存在します。

このアイテムには諸説あり、そもそもタッチパネルなのだからそこそこ優秀なモニターなのでフィルムなど要らない。という意見もあります。僕は1コインで保険が買えるなら買っとけと思うので、買うことをオススメします。買いました。

カバンに投げこんで、カバンの中で圧がかかったとか、カバンの外から接触があってその時モニター面で接触して、知らん間にヒビ入ったとか割れたとか、直接的以外な要因も想定されそうだなって思ったのが、カメラなので。

 

カメラケース

なんでもいいと思いますが、流石にカバンに丸裸で投げ入れるほど雑に扱うわけにも行かないので

 

僕がAmazonで買ったのはこれです。

ファスナーポケットがついているので、この中に予備バッテリーを投げ入れたりもしています。

 

予備バッテリー

GF7はバッテリーがかなり雑魚なので、予備バッテリーは必要不可欠です。なので買いましょう。

多分他のミラーレスでも予備バッテリー携行についての考え方は同様だと思いますが、予備バッテリーは絶対買ったほうがいいです。バッテリー残量を気にしながら写真撮るのって、精神衛生上も良くない…。

 

純正品はめっちゃくちゃ高いので、互換性のあるブランドを選んで買いました。当たりハズレは結構あるみたいですが、今のところ普通に使えてるので、あんまり文句はないです。値段も1000円しないぐらいなので。

 

SDカード

SDカード。記憶媒体が別売りなので、これは買わないと写真が保存できない!w

色々あるんですが、僕が買ったやつはAmazonで評価良かったので、これを買いました。

 

あとは、今三脚を進められたりしているのですが、前述通りに、僕は「写真そのものの良さ」はあまり追求せず、いわゆる作品感は意識するつもりがなく、ちょっといい写真を、自分の好きな色味で加工したりしたい、という、いわゆるカメラ女子みたいな使い方がメインのつもりなので、一旦は保留にしています。まぁどうせ「もっといい写真が撮りたい」っていう欲が出てくるのは分かるんですけど!一旦は保留としてます!だいたいTwitterにアップしても圧縮されるしブログにアップしても圧縮(ry

もちろん室内でフィギュア撮影するにしても、光源調整などをすると手が足りなくなるし、そうなると三脚で固定したカメラのシャッターをスマホで切って、もう片手はタブレットで光を当てて光源調整をする。など色々しなきゃいけないので、必要だとは思っているんですが、それは撮りたいフィギュアが手元に届いてから考えます!w

 

ただ基本的に遠征以外は引きこもりオタクなので、買ったものの紹介とか、そんな感じにしか使わなさそうですが!w

とりあえず、当面は、使って遊んでブログに載せる写真なんかも、良いものにしていけたら良いな~と思います~!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.