内田彩さんのライブは、ピンク・マゼンダなのかもしれない。

内田彩さんの2018年ライブツアー AYA UCHIDA LIVE TOUR 2018 〜So Happy!!!!! 福岡公演に参加してきました。めっちゃくちゃ楽しかったです。

今回の福岡公演を通して、ピンク・マゼンダという曲は、内田彩さんのライブを体系化したものかもしれない、と思いました。
ライブを通して曲の解釈を考えていく、曲を自分の中で育てていく、っていうのは
ライブの醍醐味かなと思うので、せっかくだし思ったことを形にしておこうと思います。

 

僕とピンク・マゼンダ

僕はピンク・マゼンダという曲が、そこまで好きなわけではなかったです。
先日の50songs投票企画では見事1位になりましたが、正直驚きました。

ある種の熱狂的な人気性は知っていたので、マイノリティなナンバーなのかなって思っていました。
そんなことはなかったですね!?w

1位になったことを受けて、ピンク・マゼンダという曲を改めて聴いてみて、やっぱり………そこまでピンとは来なかったです。
何がこの曲を、そこまで押し上げているのかが、分からないっていうか……。

 

僕はスニーカーフューチャーガールSay Goodbye, Say Helloのような曲が好きで
等身大の自分、それを振り返った自分、過去を受け止める自分、未来に自分のペースで進んでいく自分、ここでいう自分には色々なものが含まれますが、それらを歌った楽曲が好きなんですね。
僕の中で最近ホットなナンバーだと、Growing Goingなんかもそうですね。

 

対してピンク・マゼンダはなんなのかというと、それが見えなかったんですね。これまで。
ただ、今回のライブを通して、ピンク・マゼンダに改めて向きあって

ピンク・マゼンダのテーマの一つである「色々なことがあるけど、全部ピンクで包んで生きていこう」という部分を
ライブという空間に嵌めた時、すごいしっくり来て。

この曲がいいなぁって言われるのが、なんとなく、分かった……ような気がしました。

 

ピンク・マゼンダの灰色と、ライブの灰色。

ピンク・マゼンダでは
ピンクを嬉しい、楽しい。
灰色を悲しい、辛い。のように表現しています。ライブという空間において、ほぼ灰色の出来事はないのですが、ライブの灰色について、僕は「トラブル」をそれだと感じました。
天候的なトラブルであったり、機材的なトラブルであったり、演出的なトラブルであったり。そういうものです。

 

たとえば、幕張DAY2トロッコ

僕はDAY1のみの参加だったのでDAY2は噂でしか知らないんですが、うっちーがトロッコから落ちたらしく
その時はバンドメンバーがカバーに入ってくれて、会場を繋いでくれて、公演を乗り切ったそうですね。

 

たとえば、福岡公演の機材トラブル

今回の福岡公演では、Go! My Cruising!のサビ前で機材トラブルが発生しました。機材の音が出なくなりました。当然ライブは中断なのですが……
そこで内田彩さんが、超絶いつものヘラヘラMCで場をつなぐわけですよ。最高

内田彩さんも高校生の時、青春18きっぷを使って、今回のライブハウスまで東京から下ってきたことがある、なんかのエピソードを話してくれました。
めちゃくちゃ大変だったけど、それも一生忘れられない思い出になったと語ってくれました。

 

ピンクで包むんだ。

ライブ的にピンクを嬉しい、楽しいと解釈した時、内田彩さんのライブにおいて、それは内田彩さんそのものだと思っています。
ライブ的に灰色をトラブルだと解釈した時、うまく立ち回れないと《この世界は灰になってしまう》のかなと感じました。

けれど、こんな天候の中、こんなトラブルの中、最高にアツいライブに出来たのは
それらにピンクを混ぜて、ピンクで癒やして、ピンクで包んで、ピンクに生きてる、この空間が成立しているからなんだなぁ、って思ったんです。それって、ピンク・マゼンダみたいだなって。

 

内田彩さんのライブと、ピンク・マゼンダ。

内田彩さんは昔から伝説をよく作ります。この人は自由なんです。裏ではすごい真摯な人だと思ってますけど!w
だからこそ、ファンも、バンドメンバーも、スタッフも。内田彩さんというピンクを好きで、愛せているのかなと思うのです。

福岡での機材をトラブルをMCで繋いだとは言いましたが、たぶん10分強はありました。そうそうアドリブでどうにか出来るもんじゃないと思います。
幕張ではバンドメンバーに支えてもらっていた内田彩さんが、今度はバンドメンバー(機材スタッフetc…)を支えるって、めちゃくちゃカッコいいじゃないですか。ヘラヘラしてるけど。
こういう楽曲以外での多面性も、内田彩さんの魅力の一つだと思います。

 

トラブル復旧後、バンドメンバーのパフォーマンスや熱量も、いつも以上に大きかった気がします。
それはピンク・マゼンダも例外ではなく、この曲はもっと静かで、深く沈むような、そういう曲だと思っていたんですが、福岡公演は箱の性質や広さもあいまってか
結構バンドが主張するような仕上がりになっていたと思います。 Like a birdもいつも以上にパワーのあるように感じました。
それがバンドメンバーからの、この空間にいる全員への感謝みたいに感じられて、一人でエモを感じていました。

 

やっぱり内田彩なんだよなぁ。

僕はよく内田彩さんのライブが終わった後「やっぱり内田彩なんだよなぁ…」って言うんですが、満足度がすごく高いんです。
信頼と安定と実績、それらはいろいろな要素から成立しますが、とにかくライブ後が「幸せ」の一言なんです。
内田彩さんの作る幸せなライブ空間、ピンク・マゼンダの中にいるのかなぁ、なんて考えました。この人のライブ、色々あるんですけど、全部ひっくるめて幸せで
だから、内田彩さんのライブは、ピンク・マゼンダなのかなって。

ツアー表題的には So Happy!!!!!!ですが、それもピンク・マゼンダの一部なのかなぁって考えると、この曲の深みって、すごいなって思えますね。いろんな色をピンクで包んで、いろんなが咲き誇って、ああ、やっぱり内田彩なんだよなぁ…って。思えます。
内田彩さん、今後もしっかり推していきたいと思います。

次は群馬だー!!ぐんまちゃん見つかるかな!?w

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.