AYA UCHIDA LIVE TOUR 2018 ~So Happy!!!!! 群馬公演に行ってきました!

内田彩さんのライブツアー2018群馬公演に行ってきました!

大秘境グンマー!!茂林寺と館林で「宇宙よりも遠い場所」の聖地巡礼したよ!!!

2018.08.20

連番は上記に引き続き、めたつか(@yt_2103)さん!

聖地巡礼の後のライブなので、ムーブ的にはお互いにライブ前から疲れ果ててたわけですが、ライブ始まったらハイパー元気になったので、体力ゲージが別なんですね。ライブって最高だ。

前橋駅では、ことり推しに嬉しい仕掛けもしてあって、群馬大好きになってしまった…!(・8・)

 

会場でオタクと遊んだり。

前橋市に向かう途中、電車のドアが開閉式になり、「これおまグンで見たやつだ……」と思いながら

焼きまんじゅうを食べつつ

やってきました。ベイシア文化ホール。

群馬県民会館という名前だったらしく、内田彩さんもライブ中は、頑なに「群馬県民会館」と呼んでました!w

 

突然のSUMILE SMILEフリ素セットジャケット再現ブースが登場してワイワイ遊んでました!w

こういうの、いろんなオタクと邂逅するライブだとノリで遊べるので、いいですねw

 

So Happy!!!!!!というライブ空間

ではツアーの話をしましょう。今回のツアーは内田彩さんの誇る50の楽曲から「幸せ」をテーマにピックアップした20超の楽曲で組まれたセットリストです。僕は福岡と群馬に行きましたが、もう1公演ぐらい足を運んでおくべきだったかなと、もっとこの空間に居たかった気持ちを懐きました。幸せだったんです。本当に。

01. So Happy
02. Holiday
03. アップルミント
04. 泣きべそパンダはどこへ行った
05. いざゆけ!ペガサス号
06. Go! My Cruising!
07. Merry Go
08. ピンク・マゼンダ
09. ハルカカナタ
10. Close to you
11. with you
12. Yellow Sweet
13. カレイドスコープロンド
14. Like a Bird
15. キリステロ
16. Blooming!
17. SUMILE SMILE
18. Sweet Little Journey
<アンコール>
19. Bright way
20. Breezin’
21. Say Goodbye,Say Hello
22. So Happy
<ダブルアンコール>
23. Ordinary

すごくいいセットリスト。幸せ……?な曲もいくつか入ってますが、シーンの切り替えにはそういう曲も必要ですね。

 

どれぐらい幸せだったかと言うと、連番のめたつか(@yt_2103)さんとはめっちゃ仲良くて、フォロワーという言葉は冷たいなっていうか…友達だし仲間だし、そういう感じだと思うんですが

ライブ始まってアンコール前まで一言も口聞いてなかったと思うんですよ。今回の公演以外ではそりゃ「ヤバイ」とか「最高」とか「この曲好き~~~!!!」とかそういう話は曲の合間でしたりもするわけですが、全く無くて……。

完全にステージに集中して魅了されていたわけですね。互いに。口を開いたかと思えば「え?終わった!?」「体感5分」みたいなもんでした。相当幸せだったんだと思います。ライブ中も何度も「幸せだなぁ…」って思ってましたし、内田彩さんがキレイで可愛くて幸せで嬉しすぎるぞこの空間ヤバイみたいになってたんです。この公演に来て本当に良かったと思いましたし、Ordinaryで〆てくるし、「はい~~もう僕の負け~~~!!」って感じです(???

 

07. Merry Go

僕は今回のライブで、まぁ、何度か泣いてしまったんですけど、それは「SUMILE SMILE」であったり「Say Goodbye,Say Hello」であったり、それらはいわゆる僕的には「いつも泣かされる曲」なので割愛するとして、Merry Goでも泣いてしまったので、触れていきたいと思います。

 

僕とMerry Go

僕はMerry Goという曲に対して、特にそこまで深掘った解釈や考え方をしたことがありませんでした。内田彩さんが「幸せ」というテーマでライブを開催してくれて、幸せをテーマにした曲を集めました。と言わなければ、この曲に対して「幸せ」を軸に考えたりもしなかったと思います。そういう位置づけの曲だったんですね。曲中でめっちゃ幸せの在り方を歌ってるのに。

 

幸せとMerry Go

僕がこのライブツアーを訪れたとき、結構メランコリックだったんですよ。幸せだったとは言いましたが、なぜそう幸せを噛みしめることが出来たのかって、やっぱり少し憂鬱な思考が頭にあったからですね。

人間に疲れてたと言うか、自分に疲れてたと言うか、人の嫌なところがたくさん目について、、、みたいな。そういうタイミングでこのツアーを訪れることが出来たのは幸運だと思います。

たぶんそんな心境を、Merry Goという曲が芯で捉えたんでしょうね。音楽ってあるじゃないですか。たまに。自分が弱っているときとか、スーっと入ってくるタイミング。それが今だったんですね。僕にとっては。

何だって 裏表だね

裏だって 表なら 表だってさ 裏なんです!

 

幸せの反対も 回せば幸せに姿を変える

悲しみの背中には 喜びの翼が生えてるの

Merry Merry Go Merry Merry Go 上手く行かない事ばかりじゃないよ

Ready Ready Go 夜明けはもうすぐよ 目の前だよ

そういう状態で、Merry Goを聴いて、そうしたら涙が止まらなくなっちゃったんですよね。

自分の視野は「裏」の部分しか見ようとしなくなってたんだな、って。このままじゃ僕の「表」を慕ってくれたりする人たちにとっても「裏」になってしまうな、って。ハッと思って。

自分の視野が「裏」しか見ないとのは、自分がうまく行っていないからに他ならないのですが、そんなことばかりじゃないよって曲でも語りかけてきてくれて、「ああ、僕の夜明けって今なんだな…。」って思いながらMerry Goを聴いて、頬を熱い涙が伝ったのを覚えています。

 

Merry Goってライブでもかなりの回数聴いてますが、こんなになったのは初めて。いわゆる「曲が成長した」わけですね。

ライブに限って話ではないですが、音楽というのはワンコーラスやワンフレーズで、突然連鎖的に、爆発的に曲が成長することがありますよね。この瞬間、大好き。名前とかついているんだろうか。僕は「曲と目が合う」って勝手に言ってます。

 

嬉しさとゴキゲンのピカピカ

Merry Go Merry Merry Go 憂鬱とゴキゲンがピカピカ

光る 光る光る 貴方の空に輝くよ

僕がこのMerry Goという曲を「幸せ」というテーマで考えたとき、もう一つ。今まではネガ寄りな解釈でしたが、ポジ寄りな解釈も生まれていました。

 

Merry Goという曲は色の指定がありません。

各々好きな色を振ってキラキラでメリーゴーランドをイメージしようという趣旨ですが、このキラキラの色、それが内田彩さんにとっては光の海で、内田彩さんがキラキラを振る僕らのことを見る景色って、きっと幸せなんだろうな、と思うんです。

そう思った時、この幸せな空間のキラキラの一端を、自分が担えていることを嬉しく誇らしく思いました。

 

僕が今抱えている「幸せ」という気持ちを、きっと内田彩さんも抱いていて。

内田彩さんがいるからこの空間が成り立ってて、内田彩さんが好きな人達がこんなにたくさんいるからこの空間が成り立ってて

そんな人達が各々に好きな色を自由に振り、彩る空間。それを横目に見て、ステキだなって。

ああ、この曲大好きになっちゃったなって。そう思いました。

こんな気持ちにさせてくれる、内田彩さんの公演、本当に最高で。「ここが」いいんですよね……。

 

ライブ中に思ったことを思い出しながら、赤裸々に書くというのもなかなか恥ずかしいものがありましたが…たまには良いものですね。

音楽ってすごいや。内田彩さん、この度はステキなツアーをありがとうございました!!

やっぱり内田彩さん最高だ。

11月のキャラソンライブも行くぞーーー!!東京!!昼・夜公演!!!!!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください