ラブライブ新段構築殴り書き的なやつ

現状の公開カードで緑が猛烈プッシュされてるので構築を考えてみようと思ったんですよ。

せっかく4箱予約してるわけだしね。

box_llf2_bp_150

緑で最強なカードが出たわけで、これを軸にデッキを組まない手はないと思ったんですよ。

“晴れ着”矢沢にこ

37cdeea7

c87cec78-s

テキスト読んだ時に最強かよってなったカードなんですが

果たして本当に最強なのかって冷静に考えてみたんですよ。

例えばこれ1面置いてCX打って2点回復するのはなかなか

アクロバットで楽しいかなって思いました。

ただ、早々都合よくCX持ちつつ3-1以上の場面ってあるのかなーって思って

確かに強いことは強い。使われたらイライラすると思う。でも本当か??って感じがあって

そもそも今の環境、回復して耐久するより殴り倒したほうが早い感じなので耐久札いるのか?と思いますが

CIPしつつ、且つ!リアニ擬似回復の可能性!と考えると通常のCIP枠としても入れていいですし

別に効果の使用はマストではないので、やはり優秀なカードだなと思います。なんでRなんだこれ。

ただ詰めるカードが緑はクロックシュートしか選択肢がない。

けどほぼ迎撃されるのであまり好きではない。ショット内蔵のほうが使いやすいと思っちゃうので

詰め要素の色としての運用が出来ないのはなんだかなーってところですね。

また、擬似リアニメイトする上で誓約となってくるレベル2以下

本来であれば出して面が取れるカードのほうが良いというのが現状で

互換の姫乃とかは早出しが出来る上で、2から3を2面置くから強いってのが

あったと思うんですよ。

ラブライブの構築において2以下で面が取れるカードって園田海未しかなくて

それ以外で擬似リアニして何か有効な使い道があるカードって

・メイド服の穂乃果

・炊きたてご飯かよちん

ぐらいしかなかったと思うんですよねー。

その点に置いてはちょっと微妙かなーって思っちゃうんですが、うまいこと踏んでいくしかないですね。

“夏祭りデート” 矢澤にこ

da94eb68

緑使ってねパーツ。ただこれを起用することで、レベル1のカラーリング要求が

相当きつくなってくるんですよ。マストで緑を置いた場合、緑のアタッカーどうするかってこと

e1dd3c35

凸凹互換、初期サイズ5500まで行けるので(後列にこ×2として)1面取れれば

サイズ7000までで相打ちもケア出来るわけですよ。強そう。ホントか?と思っちゃう。

雨宿りアスナなんかを使ってると分かりますが、7000程度のサイズって軽く吹っ飛びます。

雨宿りが強かった理由は優秀なカウンターを有するからであり、かつパーティで副団長を構えるからこそであり

ラブライブにそこまで極めて優秀なカウンターは存在しないので(青を起用すれば別ですよ)

そういう意味であまり有効的とはいえず、且つ1枚喰ってもサイズが7000ってぼらえりのほうがサイズでっかい。後上がりに奇襲札としては強いんですけど、先上がりで面抑えられてる状況での0-6等での緑マストが極めて弱い。ぼらえり互換でも出てこない限りマスト緑はどうしても噛み合いが悪い。

そして僕はどうしてもレベル1で赤を使いたいので3色構築となるぐらいであれば緑をカットしたい。

“晴れ着”園田海未

8f4b08ff

これ。かなり強いと思うのでレベル1は2色のこれで運用したいんですよ。

確かに晴れ着と凸凹のシナジーは抜群なのですが、それは凸凹が成立していれば、なんですよね。

結局2色運用でも面を抑えられてると厳しい。

ぼらららえりちで考えると、7500のサイズに対してこの効果を打てば9500までなので(このカードが控えに行くのでえりちパワー下がります)ミラーでCX貼られても+2000までは越せる。かつ逆に言えば凸凹ギミックに対してはある種メタ的な動きができるので。

どうせ効果を使うと踏み切って安手で殴ってきたら使わないプレッシャーもかけられ、使ってもどうせ使うと思われて安手で殴ってくれば帰りにおやつでアドが取れる。場に出てるだけで鬱陶しい手札に助太刀持たず、使うストック分は殴って賄う良カードだと思います。ビビパンのポジティブあかね互換です。使われて散々分からされた。

そうなってくるとレベル1のラインを上げていけるカードとしてぼらえりはアウト出来ず

共存するのであれば赤を選択して、且つ扉も自然に使え打てる構築がいいのかなって思いました。

なので、緑はプッシュされてるけどメイン色として考えるのはいささか危ないところがあり

あくまでタッチ、レベル3からの運用に留まるかな?というところですね。

“夏祭りデート”絢瀬絵里

1a6e83cb

このカードの存在からどちらにせよ緑4積みカードが存在するので

レベル3だけ緑ってタッチ起用はもちろん可能なのです。

そう考えると、コレどう考えても4積みマストなのでぼら海未互換とか引いたら相当がっかりする。。

他の汎用次第ですが、ガドフォール互換のカウンターやサーチャー緑があるので

タッチするぶんには事故も少なそうかなって思います。

“夏祭りデート”園田海未

9838f7fb

赤を起用したい理由その2。どう考えても強いので。

登場時に不確定とはいえノーコストで連動なしにバーンが打てるのは偉い。

詰め・アバレ要素がクロックシュート+再スタンドぐらいしかないラブライブには

貴重なダメージソースですね。

何も考えずに3枚突っ込む予定なんですが、確バーンで刺したいケースを考えると

ハピメことり辺りをピンで挿して海未2ぐらいにしておくと運ゲーリスクを減らせそうで悩みます。

“夏祭りデート”南ことり

349b0ea8

片割れ(多分赤RRは3種類あるので1枚は未公開)のことりがソスレアの匂いがするのが

ことり推しの僕としては悲しいわけですが…。スペックは11500CIP回復と悪くはない

というか普通に強いサイズなんですけどねー。にこ起用するなら入れる必要性がない。。。

青でもかなり良いカードが有りました。

“夏祭りデート”小泉花陽

31a086e5

強いの一言。互換的なものとして夢に向かってμ’sがありますが

単体P2000+S1ってのは終盤で非常に使いづらい。なので現状の公開青CXを見る限りでは、9割本なので

P1000+S1ALLでタイミングを選ばず打ちやすくアドが取りやすい本なのは大きい。

夢に向かってμ’sとの違いがあるとすると、回復はできないけど山からサーチしても

デメリットがないこと。前者の登場時レストはなかなか面倒な場面が多かったので

タイミングを選ばずに勝負しに行けるスペックは大きい。

一見するとリバース義務がないように見えるテキストですが、実質的にはリバース義務はあるので注意

アタック時にスタンドするので、ダメージ計算でリバースすると空打ちになってしまうので

その点は運用が難し目かなって思います。ただ実質4000のパンプが得られるので

面をしっかり選べば踏める数値ですし、打点大きすぎますが相手にキャラが居る必要がないので

ダイレでも効果が使える、という点は差別化が出来る札だと思います。

問題はコストの重さとカラーリング

現状青のカードはタッチするには良いのですが、上記の夏祭り海未の成功率を下げてしまうので

最強イベント練習日和を採用したくないんですよね。

且つ、コストの重さ。登場時に手札が増えるので良さそうですが登場を考えると±0でCX連動なので

CX+その他2枚を保つ必要があるんですよね。ストックコストについては

殴る順番考えればケア出来る数値なのであまり考えては居ませんが

これ赤で連動扉なら即起用なのに惜しいなって感じ。

“夏祭りデート”西木野真姫

0434e8d0

かなり有能なカードなのに、青のキャラ縛りが非常に惜しい。

これ互換で黄色とか赤あれば起用確定だったんですけどねー。

そういう意味で青は面白いカードが多いのですが、どうしても噛み合いがよくないなって。。。

残りの2枚公開次第ですが、なかなか面白いカードが増えました。

レベル3の解雇が圧倒的速度でどうしようって感じですが。。。

残った公開で強いものがなければ、恐らくレベル3の構築は

晴れ着にこ×3 シンパシー×1 夏祭り海未×2 ひつじのきもち×2 みたいな構築になりそうです。

ゴリラゴリラ。ウホウホ。晴れ着4でもいいんですが、山が硬めで集中打たずに帰りのバーン・ショットを

山から引っ張りたいケースが割とちらほらあるので、ショットとバーンを多めに起用する上で

且つ山を固めるという意味も兼ねてシンパシーは抜けないかなーって思います。

あれ、前の弾ってなんでしたっけ……???????

キラセンことりとユメノトビラえりちかしかデッキに残らないような。。。はて。。。

まぁそういうこともありますね!!!!!!!!!

何はともあれ発売が楽しみです。

スポンサーリンク

Share

follow

関連記事(・8・)
//値が空の場合の処理