ヴァイスシュヴァルツ ラブライブ! 黄t赤緑




お久しぶりの更新。忘れてました。

最近さっぱり勝てないので組み直しました。

連パン狙うよりショットやクロックショットで焼きに行ったほうがリスク少なくて強い

にこは超重いんだけど帰りに回復連打するデッキでもないしな。って感じで。

 

f:id:sn_rain:20140906114515j:plain

 

 

レベル0 (15)

それは僕たちの奇跡 ことり ×4

放課後の歌姫 真姫 ×1

メイド服の穂乃果 ×2

スクールアイドルフェスティバル 海未 ×2

レッスン着の絵里 ×4

一緒におでかけ♪ 希 ×2

 

レベル1 (14)

僕らのLIVE 君とのLIFE 園田海未 ×4

僕らのLIVE 君とのLIFE 絢瀬絵里 ×4

No brand girls 花陽 ×3

音ノ木坂学院2年 ことり ×2

 

レベル2 (7)

音ノ木坂学院3年 希 ×2

園田 海未 ×3

炊きたてご飯です♪ 花陽 ×2 

 

レベル3 (8)

不思議なシンパシー 花陽 ×2

No brandi girls 希 ×1

夢に向かって μ’s ×2

ひつじのきもち ことり ×2

アイドルオタク にこ ×1

 

クライマックス (8)

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ×4

始まりの想い ×1

Wonderful rush ×1

それは僕たちの奇跡 ×2

 

 

Q:初風どうするんですか?

A:パワーでごり押せ

 

レベル0

アイドルオタク にこを採用することにした。

クロックバーンを自発的に打つのではなく、帰りに居座りサイド強要できるところが強いことに気づき、どうもクロックバーン飛ばさないといけないって概念に駆られてたので、そう考えるとソウル-1におまけでクロックショットあると考えると一気にむちゃつよになった。

そこで緑を考えるのだが、ハラショーは強くないのでずっと使ってなくて、サーチャーをことりから希にするのはいいのだが、他がなーと思ってレシピを見てると採用されているのがこれ。

f:id:sn_rain:20140906113214j:plain

使っててそんなに強い気がしなくて真姫ちゃんビートでも抜けちゃったんだけど

4枚採用することで山の落とす速度を早めるので1リフが狙いやすくなる。

また、海未の集中が1枚しか引けてない場合でも「とりあえず」安定して

2になったら花陽、2枚目の海未を引いたら海未に張り替えればいいので

前に出してワンパンストック稼ぎにもいけて使ってみるとすごい使いやすかった。

 

レベル1

赤を発生させないといけないからなーと思って相打ちことりの採用を敬遠してたけど

そもそも最近のプレイングでCXを1帯でどうせ打つから0→1上がりは積極的に

赤発生をしてるわけだしことり採用圏内じゃね?と思って投入。

素パワー4000までいけるので後上がりならレベル0を殴り倒せるラインで使い勝手はそこそこ。

No brand girls 凛を解雇して花陽採用。

凛ちゃんの面突破はそこそこ強かったんだけど帰りに面にいないので

6500~7000ラインなら比較的生き残りやすいサイズなので花陽採用。

前使ってたから分かるけど、トップ見て集中打つか考えられるのも偉い。

事故でこけても海未ちゃんすれば損失はないしね。

1/1のそれは僕たちの奇跡海未は強いけどコストを毎ターン1使うので捻出が厳しい。

 

レベル2

なぜ炊きたてご飯なのか

なぜ音ノ木坂学院3年絵里ではないのか。

というのがこのデッキ緑を発生させる必要がレベル3まではありえない。

という条件を作りたかったから。以前絵里採用して強引に緑の選択を取って負けた。

基本的な色発生手順は赤→黄→緑で階段を組みたいと思ってるので

レベル2での緑の発生を行わず(無論黄に困らない構築なので黄は自然発生と踏める場面であれば緑を置くのも可ではあるが)動いていくためにはどうするか。

というのを考えたところ、絵里の採用を見送りで花陽になった。

海未ちゃんはずっと増やしたかったので3枚。

カウンターは500程度の上昇値では大差ないと考えて色合わせに緑採用。

ワンチャン場に置いてもパンプ出来るしね。

 

レベル3

入れたいもの全部入れた。詰め込んだ。一番構築楽しかった。

元々はμ’s2 シンパシー3 ことり1 希1だったのだけど

やっぱりピンだとあとショット1枚あればなーとかそういう場面多くて

使った後に困ったりしてショット増やして、クロックショットも盛り込む。

No brand girls 希 に関してはデッキに用意されている勝ち筋での勝利が困難を極める状況に際して、本当にお願いワンチャン札!!!!みたいなところがあるので1枚。

流れが怪しいと踏んだら拾っておくぐらいのお守りに近いカード。

無論引いたら引いたで詰めれるカードなので積極的に使っていきたいけど。

夢に向かってに関しては極力狙わない。リフも1-5 8リフを狙っていき

引いてしまった場合に狙っていくか、もうそれ狙うしか選択肢がないとき

希と同じようにワンチャンカードですね。

特に僕は基本的にはレベル2以降でクロックドローは極力避けたいので(やりたい場面は3-0~3-2でのフルケア見込める時ぐらい)

狙いすぎて負けるパターン多すぎた。通れば勝ちってわけでもないんだしね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。