内田彩キャラソンライブ「chara・melto・room」行ってきました!!!

ありがとう内田彩さん……昨日、内田彩さんのキャラソンライブに足を運びました。

ありがたいことに、昼夜両方の日程で参加させてもらったので、覚えてる範囲で衝動で書き上げるレポートを作成しました。

暇だった読んでね!語彙力はないよ!

 

もくじ

本当ヤバイライブだったセットリスト

昼(101)のセットリスト

1. ぶる~べりぃ♡とれいん (ラブライブ!)
2. りるりるわんだふるがーる! (リルリルフェアリル~妖精のドア~)
3. Baby Universe day (キディ・ガーランド)
4. Dive to Blue (アイマリンプロジェクト)
5. 千本桜 (アイマリンプロジェウト)
6. Three Hearts (チェイン・クロニクル)
7. 愛、花のように。 (チェイン・クロニクル)
8. TA・BE・GO・RO@ガール (ミリオンドール)
9. ナノナキノシラベ (オトノネ。)
10. Stray Sheep Story (ビビッドレッド・オペレーション)
11. 好きですが好きですか? (ラブライブ!)
12. Love marginal (ラブライブ!)
13. BEAUTIFUL≒SENTENCE (トリニティ・セブン)
14. progressive -漸進- (絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode)
15. ギリギリ最強あいまいみー! (あいまいみー)
16. ようこそジャパリパークへ (けものフレンズ)

EC1. START:DASH!! (ラブライブ!)
EC2. きみのままで (けものフレンズ)
EC3 約束の空へ~私のいた場所~ (ストライクウィッチーズ劇場版)
EC4. ミはμ’sicのミ (ラブライブ!)

 

夜(102)のセットリスト

1. ぶる~べりぃ♡とれいん (ラブライブ!)
2. りるりるわんだふるがーる! (リルリルフェアリル~妖精のドア~)
3. Baby Universe day (キディ・ガーランド)
4. Dive to Blue (アイマリンプロジェクト)
5. 千本桜 (アイマリンプロジェウト)
6. Three Hearts (チェイン・クロニクル)
7. ホメホメワンダホー (チェイン・クロニクル)
8. 月夜のPersuasion way (実は私は。)
9. さよならの音 (オトノネ。)
10. Stray Sheep Story (ビビッドレッド・オペレーション)
11. 告白日和、です! (ラブライブ!)
12. 小夜啼鳥恋詩 (ラブライブ!)
13. BEAUTIFUL≒SENTENCE (トリニティ・セブン)
14. progressive -漸進- (絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode)
15. ギリギリ最強あいまいみー! (あいまいみー)
16. ようこそジャパリパークへ (けものフレンズ)

EC1. START:DASH!! (ラブライブ!)
EC2. きみのままで (けものフレンズ)
EC3 約束の空へ~私のいた場所~ (ストライクウィッチーズ劇場版)
EC4. ミはμ’sicのミ (ラブライブ!)

このセットリスト、ヤバイですよね……。青の太字が昼夜で入れ替わった部分です。

 

お昼の速報感想

 

夜の速報感想

オタクはすぐ死ぬ。ヤバさが垣間見えてます。

これは僕のお墓(舞浜アンフィシアター)の写真です!!!!!!!!w

 

お勉強、していきました。

キャラソンライブですから、キャラソンを勉強するのはもちろんなんですが、キャラクターを勉強するために10月はひらすら内田彩さんの出てるアニメを見たりしてました。予習も復習も。

もちろん時間が限界あるので曲だけで予習したものもありますし、沼にハマってしまったものもありました。

ストライクウィッチーズなんか沼のいい例で、Blue-rayBOXは1期2期揃えてしまうし、映画はお友達からの借り物ですが、来月自前で揃えるつもりですし(限定版のテキストが欲しい)、ウィッチーズシリーズは今は過去をさかのぼり中ですが、今後は追っていけるといいなぁと思えるぐらいハマってたりします。フィギュアも買い漁ってる。ヤバイ。めっちゃ楽しい。

まぁこういうことも、今回のようなキャラソンライブがあったからこそ、改めて作品に触れてみたりとか、キャラクターを知った上で起こっていることなので、とても素敵な試みだな、って思うのです。




2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

アニメの予習に関しては、基本的にはdアニメストア先輩にお世話になりました。

音楽に関してはアニュータ先輩がメインでした。いい時代になったもんですねえ。

 

1曲ずつ触れていこう!好きな曲のだけ読んでね!!

前段がやや長くなりましたが、ライブの感想や曲に対する思い入れとか、そういうことを書いていこうと思います。

とはいえ曲数が25曲分になるので、好きなところ読んでください!w

 

1. ぶる~べりぃ♡とれいん (ラブライブ!)

まず、リクエストが集中するだろうラブライブ!において、ことりちゃんの曲はそうそう出しては来ないだろうと高を括っていたのですが……そんなことはなかったなぁ!?という勢いで1曲目からぶる~べりぃ♡とれいんをブチ込まれて僕は狂乱です。会場も狂乱でした。最高すぎた。

あの白一色の光景と、ステージにことりちゃんと内田彩さんが立っている感じ、言葉では表現しづらい充足感に包まれていました。

ぶる~べりぃ♡とれいんは生で観たのが初めてなのですが、細かいところなんて見る暇もなかったですね…。楽しい!!かわいい!!ことりちゃん~~~!!!!!ってなってて気づいたら終わっちゃってました。すごかった…。

 

実はお昼の部において、内田彩さんが登場1曲目の歌い出しにして、ステージのセットの階段でずっこけるハプニングもありまして、「やっぱり内田彩なんだよなぁ…。」を早々に感じさせてくれたわけですが、おかげでいい意味でリラックスしてぶる~べりぃ♡とれいんが聴けた気がします。肩の力が抜けました!w

 

2. りるりるわんだふるがーる! (リルリルフェアリル~妖精のドア~)

アニメは未視聴で曲だけ予習していきました。テレ東系は地方民にとって予習が難しいので悲しいところだ!見てリル~!でお馴染みの、リルリルフェアリルですね。コールがめっちゃ楽しくて初見でも全然盛り上がれる曲だったので、ちょっとアニメそのものに興味が湧いてきましたね。

 

3. Baby Universe day (キディ・ガーランド)

アニメ予習して曲もキャラソン含めて予習して満を持してBaby Universe dayだあああああああああ!!!というわけでテンションがぶち上がりのナンバーでした。作詞:畑亜貴、作曲編曲:黒須克彦もはや約束された勝利のナンバーです。

とはいえこれは合田彩さんとデュエットの曲なのですが、その合田さんは引退されてますし、作品そのものも10年近く前みたいなので(内田彩さんのレギュラーデビュー作品)どこでも聴けないだろうと思われていた曲、そういう曲をキャラソンライブという枠で再び機会を提供してもらえるって、すごいことですよね。

言ってしまえばこのキャラソンライブってのは、「声優」内田彩で限定したフェスみたいなものなので、だからこそ今の時代でこの曲がライブで歌われるわけですし、めっちゃ感謝しながらコールしてました。

コールも楽しいんですよね。「黙ってて 消えちゃえ」\(Baaaan!!)/なんて最高に気持ちいいわけですよ。予習した甲斐もあった~~!!って思えて、キャラソンライブありがとう~~!!って気持ちでいっぱいでした。

アスクールはキャラソンが豊富なので、そちらも1曲ぐらいあってもいいかなぁ、と思ったりもしましたが、そこは大阪でワンチャン……?w

 

4. Dive to Blue (アイマリンプロジェクト)

Dive to Blue大好き!!!!!待ちに待った!!!!!!!って感じでしたね。ずっと聴きたくて、いつ聴けるんだこれって思いながら、ついにキャラソンライブという形で聴くことが出来て、すごく嬉しかったです。

So Happy!!ツアーで群馬公演にサンヨーからフラスタが届いてたので、絶対やるとは思ってましたが、どの曲をやるんだというところで、ちょっとドキドキしてて、そうしたらこうも早いタイミングで投げられたものだから、オタク特有のイントロ流れた瞬間に「ああ~~~~~~~~~!!!!!!!!」ですよ。半分ぐらい嬉しくてオタク涙でしたね。

疾走感があふれる曲で、それでいて海の深さと青さみたいなのもあり、内田彩さんの柔らかくも芯のある声がエコーを通じて波紋というか、ソナーみたいに広がって染み込んでくる感じが、たまらなく好きで、会場も真っ青ですから、より現場として胸にこみ上げてくるものが多かったです。

特にCメロが大好き。無音部分に元気な虎のフレンズとか居ましたけど、曲に入りすぎてて全然気にならなかった!w

まぁ、聴いてくれ、って感じですね……!!!!

 

5. 千本桜 (アイマリンプロジェクト)

千本桜!?!!!」というのがイントロ聴いたときの僕の率直な感想でした。もちろん好きなんですが「カバーだしやらんやろ~」という先入観があったり、僕的にDEEP BLUE SONGが大好きマンなのでそちらを期待してたり、現地でワイワイしたオタクは「Sunny days!期待してる~~!!!」とかだったし、まぁそうだよねって感じでした。

そしたら千本桜だったのでめっちゃマガジンマークになってしまいました!w

でも最高に盛り上がりますね!UOぐるぐるマンの気持ちめっちゃ分かるって思った。やらないけど!w

 

6. Three Hearts (チェイン・クロニクル)

この辺から知らない曲のパートになってくるので、僕的にはクールダウン。

ただこの曲はめっちゃ良かったので、この記事書いたら買おうと思います。カッコ良かったですね~!

 

7. 愛、花のように。 (チェイン・クロニクル)

しっとりバラードでクールダウンしてました。曲自体は軽めに予習していきましたが、って感じですね。

ソシャゲはどうしてもリソースが足りないから学習が難しいんだよネ……。

 

8. TA・BE・GO・RO@ガール (ミリオンドール)

アニメの予習は間に合わなかったんですが、曲はアニュータ先輩で予習していました。曲めっちゃ好きなんですよね。めっちゃアイドルで内田彩さんの声質にマッチしてるしテンポの取り方も僕の好みで、聴けたのはめっちゃ嬉しかったです~! 確かアニメ自体は結構イロモノ系だったと思うのですが、dアニメストア先輩でそのうち見たいなって思います!

 

7. ホメホメワンダホー (チェイン・クロニクル)

実は全然知らなかったんですがめっちゃ楽しい曲でした!w

曲は記事が終わったら買おうと思います!

 

8. 月夜のPersuasion way (実は私は。)

これマジでビビって、「実は私は。」ってタイトルを観る観る詐欺をしながら時を過ごしてしまったのですが、ちょっと後悔しました。こんなにカッコイイ曲があったなんて知らなかったよ……反省。でも巡り会えたことには感謝ですね。dアニメストア先輩で観るね!

内田彩さんが「イイオトコいる?」みたいなことを壇上で行ったときにオタクが「ハーーーーーーーーーイ!!!!!!!!!」ってなってたのがめっちゃ面白かったです。

 

僕ですか?

\「ハーーーーーーーーーイ!!!!!!!!!」/

 

9. ナノナキノシラベ (オトノネ。)

なんかノベルゲームのやつ!ぐらいの知識しかなかった!w

曲は良かったと思うんですが、どうにも印象に残ってないんですよね…

 

9. さよならの音 (オトノネ。)

同じく…ただ曲は少し聴いていたので、初見というほどではなかったですが

聞き込みは全然足りてなかったなと思います。ちょっと反省。次キャラソンライブがある、ってなったら絶対予習する!w

 

10. Stray Sheep Story (ビビッドレッド・オペレーション)

め~~~っちゃ好き!!!まぁ内田彩さんだから好き、というより、あかねちゃんひまわりちゃんの曲だから好き!!!!というところが大きく、まぁキャラソンらしい好きの在り方が出来てる曲かな、と思っています。

なので、やってくれたこと自体はめっちゃ嬉しかったんですが、当然物寂しさもありましたね。あかねちゃんパートっていうのはどうしても大人の事情でモノトーンに低めにボイスが入ってるって感じだったので、ライブで聴く感じとしてはチグハグ差が目立っちゃったかな~~ってどうしても思いました。やっぱり二人でドッキングでオペレーションでビビッドイエローなんだよなぁ……。というわけで、期待していたからこそ。。。というところもありましたが、聴けただけで嬉しかったですし

足りない部分は、オタクが一色あかねになればいいだけの話なので(????)ライブ中は声は発しませんが、オタク棒で\みつけたよ/\わかるよ!/で互換できたかなと思ってます。オタク棒も黄色と赤振ってました。夜はちらほら、黄色赤のオタクが垣間見えた気がして、ちょっと嬉しかったですね。

 

MC小ネタ

実はお昼公演、この曲、なぜか会場が緑でした。

僕は前述通り、黄色と赤でしたが「なぜだろう……」と考えていたのですが、曲が終わったあと内田彩さんがこう言うわけですよ。

内田彩さん「みんな、ひまわりは黄色なんだけど、ひまわりと仲のいいわかばの色を振ってくれたのかな?」

オタク「………………」

内田彩さん「あ、そんなことなかったんだぁ……」

四宮ひまわりを扮した内田彩さん「……もう、わかばのバカ!」

 

は~~~~好き~~~~めっちゃ嬉しいありがとう~~~~~~~~~~~!!!!!!!ってなってました。

キャラソンライブだから、曲だけじゃなくて、キャラクターの小ネタを間奏中に挟んでくれたりもするんですが(音響がアレでほぼ聞こえなかったんですが)こういう、芝居としてキャラクターが戻ってきれくれるというか、舞い降りるっていうか、そういう感じ、大好き。

声優ならではというか、キャラクターに逢えたって気がして、すごく嬉しくなるんだ。うんうん。きっとめっちゃオタクスマイルしてたぞ僕。まぁ内田彩さんもMCでビビッドレッド・オペレーションのタイトル忘れてたしそういうとこやぞ好きって感じですね……(???)

 

夜はしっかりと黄色だったんですが、緑率もそこそこあったみたいで「これ、あかねとの曲なんだけどなw」っていう内田彩さんもめっちゃ嬉しかったです。やっぱこう、終わった作品の自分以外のキャラクターのこともちゃんと名前とか覚えてて嬉しくなっちゃった!ひまわりちゃんと言えばわかばちゃんですし、緑率が高いのも頷けますけどね。僕も好き!9話みたいな話100話ぐらいやって!!!カラスとかどうでもいいわ!!

 

11. 好きですが好きですか? (ラブライブ!)

それでは聴いてください……「好きですが好きですか?」

ぼく「は????????????????」

いやぁ、予想もしてなかったので、いきなり殴られたような、理解が追いつかない感じがすごかったです。連番さんの肩を持ってピョンピョン跳ねてました。オタク~w

正直なところ全然覚えてないんですよね。いやなんかもう最高~~~~~~~~~~~~~~!!!!しかない。ステージで歩き回る内田彩さんがたいへんに可愛らしく、エプロンっぽい衣装も相まって可愛いのジェットコースターみたいな状態でした。「好きですが~~好きですか~???」ってステージ歩きながら客席にワイワイしてくるの可愛すぎて「あぁ~~~~^^^^」ですよ。脳みそトロトロ。オタクウッキウキでニッコニコだったんだと思います。この記憶がほぼないのが良い証拠です。

しかし、本当に南ことりちゃんに逢えた気がするのは、キャラソンライブのありがたみですね。何度も言ってるけど、キャラに逢えるって、日頃逢ってない訳じゃないけど、ぐっと現実的に距離が縮まるっていうこの感覚、ホントすごくいい……。

 

12. Love marginal (ラブライブ!)

2曲連続でラブライブ!楽曲をブチ込まれるなんて思わなくて、好き好きで脳みそ溶けてるマンの僕、突然のラブマジイントロに背筋がピンですよ。わかるでしょオタク。「は~~ハチャメチャ最高~~」って心が騒いで余韻がほわわ~ってなってるとき、次の曲のイントロが流れて空気が変わる、あの感覚。いわゆる「流れ変わったな」ですよ。

ラブマジイントロ流れて「え???ラブマジ!?!?!ええ!?!!?!ああああーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」ですよラブマジずっと聴きたくて、これも生で聴いたことなくて、あまりにサプライズですが、冷静沈着な僕はイントロ~Aメロ歌い出し前の「フッフッフ~~!!!!!」はどうにか理性を取り戻してコールできました。危うかった。

しかし内田彩さんの扮することりちゃんは、こういう悲恋寄りな、少し暗さを落とした曲も似合ってしまうんですよね。スピカテリブルとか、NO EXIT ORIONとか、UNBALANCED LOVEなんかね…。そういうところも大好きなんだけどさぁ!!やっぱり幸せになって欲しいなぁ!!!って思ってしまう。幸せにしたい。

内田彩さんも「ことりらしい曲を選びました」って言ってるので、同じ意識持ってそうなんだよなぁ!!大阪でNEOとかやりそうだよなぁ!!!めっちゃ聴きて~~!!でもその日は東京ドーム。・゚・(ノ∀`)・゚・。オタクイベ被りつらすぎる……!

 

11. 告白日和、です! (ラブライブ!)

いや~~死にましたね~~~~~~~~~~~!!!

告白イントロぼく「あああああああああああああ~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!」ですよ

例に漏れず、連番さんの肩を持ってピョンピョン飛んでましたよ。なんなんだあれ。告白来るなんて正直思ってなくて、大好きで大好きでうわあ~~~~!!!!!!!!ありがとおおおお!!!!!うわああああことりちゃん~~~~~~~!!!!うわーーーーーーーーー!!!!好きーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!ってなってました。たぶんあの場に居たオタクみんなそうだったと思う。

「伝えてしまえ♡大好きです♡♡♡」死ぬ。無理無理こんなん命日や。ここがワイの墓標やって思いました。

もうね~~~分かんないけど~~たぶんぼくウッキウキのニッコニコだったと思うんです。僕の連番の人とか、近くの席の人達とかから、だいたい「コイツライブ中クッソ楽しそう」って総評をもらうことが多いんですが(自分だとよくわからん見えんし…)たぶん今そうなんやろなって実感しました。

なんかもう、楽しい嬉しい最高ありがとう好き好き~~♡♡以外の記憶も感情もないんだけど、ホント自分が思っている以上にことりちゃん大好きなんだな自分っていうか、理性の蓋が開いて感情の底が見えたっていうか、なんかそういう感覚を覚えました。ホントに嬉しかったなぁ。キャラソンライブ最高すぎる。。。。。

 

12. 小夜啼鳥恋詩 (ラブライブ!)

前のオタクが肩組み合って優勝してるのがめっちゃ面白かったです!w

個人的には、他の楽曲と比べると衝撃度としては小さかったり、ぷわぷわーお!やWAOWAOなんかが来るかな~~~!?とも思っていたので、ややホッとしたところもありました。他の曲と比べてゆっくり観れたのがすごくよかった。他の曲、テンションゴリラだから、記憶がメイオウ攻撃で消滅してるので、そういう意味ではこの曲は唯一ラブライブ!曲でじっくり見れました。

ステージのライティングがめちゃくちゃ最高に良くて、思ったとおりに言うと、ステージに天使がいたわけですよ。内田彩さんで、南ことりちゃんなんですけど、もうね、美しく可愛く好き………。

 

小夜啼鳥恋詩は実はめっちゃ好きな振りがあるんですが、ステージ遠くてあんまり見えなかった!w

ここ~~小指で~~ハチャメチャ好き~~~まぁ、見えなかったんですけど!w どうだったんだろう。

手でハートを作る振りとかは確認できたので、ああちゃんとソロ用にアレンジしたりしてるんだなぁって、すっごいなーーーって思ってました。アケフェスやってれば、より楽しめたのかな~~動きの部分~~しっかり違いとか再現度が分かって~~!と、ちょっと悔やみましたね!w

 

13. BEAUTIFUL≒SENTENCE (トリニティ・セブン)

トリニティ・セブンを履修していないので、曲だけ学習していったニワカなのですが、ステージングがすごかったですね。主にステージ背景のライトがトランスっぽさを高めてて、会場も青と赤でサイケな感じに仕上がってて、今までの内田彩さんのライブではなかなか見かけないような光景でした。「おおー、すげー!」ってのが率直な感想でした。

 

14. progressive -漸進- (絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode)

僕、絶対絶望少女、買いましたし、プレイもしましたし、トロコンもしたはずなんですが、全然記憶に残ってないんですよね。この曲。ていうかこんな曲あった?ぐらいのアレです。なので最近存在を知って「うおおーー!??」ってなったわけです。まぁそういうボケてる僕にも新たに巡り合わせてくれた、ってのもキャラソンライブありがとうって感じですね。会場真っ赤で楽しかった~~!!現場でよく遊ぶオタクもこの曲聴いたあと大変お気に召していたようで、そういうめぐり合わせってステキだよねって思いました。

 

15. ギリギリ最強あいまいみー! (あいまいみー)

これやるのかよwwwwwwwwwwwww

やるのかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

というのが率直な感想だったんですが、しかもアニメは見れてなかったんですが、なんとなくの世界観とキャラ設定は掴んでいて、AmazonMusicでなぜか聴けるので予習はバッチリだったのです。\あいまいみー!/が楽しすぎましたね。そう言えば僕はこれが観たくてdアニメストアに加入したの忘れてた……観なきゃ!w

 

16. ようこそジャパリパークへ (けものフレンズ)

これやるのかよwwwwwwwwwwwww

というのが率直な感想!w やらないかな~~~と思ってはいましたが、一人でやるのはどうなんだ!?wって思っちゃってて、でもやってくれて嬉しかったですね!w 予習もしっかりだったのでハチャメチャに楽しかったです!\う~~~!!がお~~~!!!!/

僕はオタクなので、流行り物ってどうしても忌避しちゃうんですね。けもフレもその一つで、1週間ぐらい前にやっと観たって感じ。でもそれもこうやってキャラソンライブっていうきっかけが無かったら、長々と観ていなかったかもしれないので、やっぱりこのライブ感謝しかない…!

そうそう、東へ吠えろ~!でなんか虎が居た気がするんですが、めっちゃ許した!w 元気なフレンズだ!w

 

EC1. START:DASH!! (ラブライブ!)

いや~~、スタダは震えました。μ’sイントロランキング選手権をするなら、僕はスタダが1位なので(同率1位がスノハレ)あのスタダの「テテテンテテン」が聞こえた瞬間、胸の中に熱いものがこみ上げてきて、「……っあああああ~~~~~!!!!!!!!」ってなるわけですよ。みんなもなると思うし、会場はきっとなったと思う。というかEC1曲目でラブライブ!だとは流石に思わなかったので(もうやりきった感あった)すごい嬉しかった。わーーー!!わーーー!!!!って感じです。嬉しいが大爆発ですね。

ことりちゃんソロなので、テンポが通常のスタダと比べてごく僅かにゆっくりしている印象を覚えました。「切り開くはずさ!」なんかのパートは力強い印象を覚えますが、ことりちゃんソロだと少しふんわりしてるんですね。だからコールにやや違和感を覚えたりもしました。微ディレイ気味というか、多分覚えた人も多いんじゃないかな?w なんか新鮮でした!w それはそれで、ことりちゃん「らしい」んですけどね!w

 

この曲を選んだ理由として、今年で10周年となる自分に対しての新たなスタート。これまでの振り返り、感謝、そしてこれからみたいな。そういう意図を持って選ばれたみたいなんです。内田彩さんってあんまりそういう事言わないし、曲で語ることはたまにあるんですが(SUMILE SMILE、Ordinalyなど)それでもキャラクターの曲をキャラクターとして、そして自分としても立って、気持ちを載せて届けられるって、声優が歌う意味を体現してるよなって、なんかこう、尊敬しちゃったんですね。やっぱり内田彩なんだよなぁ、って思っちゃう。最高……。

 

EC2. きみのままで (けものフレンズ)

ライブで一気に好きになっちゃった……。これをアンコールに、そしてスタダのあとに持ってくるってのがめちゃくちゃ完璧すぎて参った、降参でした。歌詞にもある「かばんいっぱい 増えていた思い出」ってフレーズで一気に持っていかれましたね。

この曲はかばんちゃんの曲ですが、歌っているのは内田彩さんであり、かばんちゃんであり、それぞれ違うキャラクターの気持ちであり、ああ、歌って、すごい。いろいろな気持ちを込めて、色んな人の心に届くんだなって思って、素敵すぎるよ……ってめっちゃ涙目のオタクになっていました。けものフレンズって作品にもありがとうって気持ちでいっぱいです。2にはラッキービースト役で引き続き出るみたいなので、そっちもしっかり観るぞ~!

 

EC3 約束の空へ~私のいた場所~ (ストライクウィッチーズ劇場版)

僕、最近キャラソンライブの予習の影響で、ストライクウィッチーズのオタクになったので、まぁこうハマったタイミングでその作品の楽曲をライブで聴けるって最高にハッピーだったわけです。映画における内田彩さんのキャラクター「服部静香」ちゃんは、いわゆる映画用のゲストキャラなので、今後の展開にどう絡んでくるのかというのは微妙なところなんですが(絡んできたら僕が嬉しくて優勝する)精神的に成長した静香ちゃんと芳佳ちゃんが再開してリーネちゃんがヤキモチする話とか観たいなぁ……オタクだから話が脱線してしまった。

ともあれ、曲です曲。映画のエンディングテーマなんですが、この曲めちゃくちゃいいんですよ。ライブのアンコールブロック、エンディングとして最高に合ってる。

今回のキャラクターライブでいろいろなキャラクターに逢えて、終わってしまった作品も展開がある作品も、こうやって逢いに来ることができる。歌詞の中にある「還りたい場所」「還れる場所」を、内田彩さんとして、僕らに、そして内田彩さんが、自分自身にも、キャラクターたちにも歌っているような気がして、アンコールで良かった~~~!ってめちゃテンション爆上げゴリラーマンになって青振り回してました。腕折れるかと思った。

あとね、あとね、この曲テンションゴリラだったからほぼ記憶ないんだけどね、ここだけはしっかり覚えてるんです。この曲の歌い出し、「髪を撫でる日差し~~」なんですけど、この時、内田彩さん右手で髪を撫でるんですよ。すごいんですよ。一瞬で恋しました。好き。大阪でやるかわかんないけど、ぜひ注視してくれよな…!!

 

EC4. ミはμ’sicのミ (ラブライブ!)

あのさ~~~最後の最後でラブライブ!って、あのさ~~~好き~~~~~~!!!!!

なんでミミミって、この人、「μ’sの曲は9人でも思い出を大事にしたいし、ことりちゃんにしてはキーが低かったり、あとキツかったりするから、やりたくないんだけど……」って言うわけですよ。は~~~オタク大好きやぞそういうの。僕の前のオタクもしきりに「それ!!!」って指さしてました。僕?「それ!!!!」って指さしてました。それな。それな。

「でもミミミはみんなで作った曲だし、みんなで出来る曲だし、いいか~!」って感じらしく、それで最後がミミミで終わりました。ミは、μ’sicの~~~???\ミーーーーーーーーーーーー!!!!!!/

がまた出来るなんて、誰が思うよ……びっくりしたよ……ホントありがとう(Yeah!! Yeah!!)ですよ……。

内田彩さん「みんな振り付け覚えてるかなぁ……?」なんて言い出すわけですけど、オタクが忘れるわけもなく(特にミミミはファンミで回数も多かったので)

そんなオタクを見て「みんな意外と覚えてるねぇ♪」なんて言うわけですよ。はい好き~~~!!!

2番ぐらいからはファンミで恒例になった「\抱きしめる~♪/」もやってくれて、嬉しすぎて、ありがとうありがとう(Yeah!! Yeah!!)です。こんな幸せなライブなかなかなかいよ。オタク冥利に尽きすぎる。

 

統括

キャラソンライブ、東京公演はこんな感じで終始ジェットコースターみたいなノリで、最高すぎて気づいたら終わってるという、オタク特有のアレが最大加速したライブでした。内田彩さんもすごい楽しんでくれていたみたいで、Twitterを見てても、すごくほっこりしました。

本人もまたやりたいって言ってるし、ぜひこのライブ形式がまた続くことを祈っています。

「声優」内田彩フェスみたいな感じで

オタクにとってまさに夢の国のような時間だったわけです。舞浜なだけに。というわけで、またやって欲しいものです。これは大人の事情ですが、映像化がほぼ不可能という点からも、もし「やるなら行くべき」だとも実感しました。舞浜は視認できる範囲内ではカメラ居なかったです。権利的に、映像化は無理でしょうからねえ…でも映像化が出来ないからこそ、一期一会でもありますし、逆に言えばやりたい放題でもあるのでライブらしいですね!w

 

終わりに。

Blue, Bright, Let me dive 空中 舞う 天国みたい

Dive to Blueの歌詞を借りるなら、本当にこのフレーズが僕の抱いたライブの感想統括です。

「天国なんて、あるのかな。」というガンダムXで有名なフレーズがありますが、ありましたね。天国。

 

大阪も絶対楽しいはず!!!僕は行けませんけど!!!!!

大阪でのキャラソンライブも、大成功することを祈ってます!!!ヾ(*´∀`*)ノ

スポンサーリンク



3 件のコメント

  • これ読んで改めて思ったけど、良い意味でぶっ続けで予想を裏切られてましたねー
    最初からコレキター!の、次コレ!?コレもやんの!?の連続だったような
    いつも帰りの電車気にしてすぐ帰るイナカモノズですが、この日はなんかしばらく放心してました。しばらく席座ってた
    カバン曲も色々あったからジャパリパーク一曲だけだと思ってたし、ラブライブもにちゃんじゃせいぜいやって2曲だよなんて言われてたし。
    いやーほんとに凄かったですよ。隣の隣の隣の女の人が終わったあと感極まってずっと泣いてたし
    自分もカバンとミミミあたりちょっとやばかったです。
    最近会社がなんか変で鬱憤溜まってだけど、どうでも良くなりました!社長の飲み会断ってこっち来て良かったー

    • コメントありがとうございます!

      >最初からコレキター!の、次コレ!?コレもやんの!?の連続だったような
      >いつも帰りの電車気にしてすぐ帰るイナカモノズですが、この日はなんかしばらく放心してました。しばらく席座ってた
      >カバン曲も色々あったからジャパリパーク一曲だけだと思ってたし、ラブライブもにちゃんじゃせいぜいやって2曲だよなんて言われてたし。

      そうですね、いい意味で裏切られましたね。オタクに媚びないというか、いい意味で真摯な内田彩さんなので、こんなにファンが喜ぶラインナップぶつけて来られてて、ちょっと嬉しさでどうにかなりそうでした。内田彩さんの中でもいろいろ整理がついてきた証拠なんですかねー。嬉しい嬉しい。本人も楽しそうに歌うし僕らも楽しいし、ある種声優ライブとしての理想形だよな~~声優で歌う意味のそれ~~~とか思ってました!w

      >いやーほんとに凄かったですよ。隣の隣の隣の女の人が終わったあと感極まってずっと泣いてたし
      >自分もカバンとミミミあたりちょっとやばかったです。

      女性は極まることが多いですね!w 僕も「ああーーーーーーああーーーー」みたいに半放心ぐらいにはなってました!w
      よく聞く女オタク三段活用「待って、ヤバイ、無理」ってすごい的確な表現だなー、って思います。

      >最近会社がなんか変で鬱憤溜まってだけど、どうでも良くなりました!社長の飲み会断ってこっち来て良かったー

      これは僕もですね!なんかこういろいろ持ってたものが溶けたっていうか、、、それだけ素晴らしい時間だったってことですね。
      また行きたいものです!!w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください