正月早々、双石山に登ってきました!(塩鶴登山口-九平登山口)

正月早々、ヤマノススメしてきました。

登った山は双石山(ぼろいしやま) 509mの低山ですが、中々に登りがいのある山でした。

登山口は、塩鶴登山口から登りました。

タイムテーブル

ざっくりしたタイムテーブルですが

双石山タイムテーブル

11:16 塩鶴登山口

12:06 天狗岩

12:54 第2展望台

13:00 第3展望台

13:36 山小屋

14:00 山頂

14:45 姥ヶ嶽神社

15:08 九平登山口

15:51 塩鶴登山口

写真撮りながら、のんびり登ったのもありますが、トータル4時間半ぐらいでした。

昼前の登山開始だったんですが、まだ霜が残ってました。山で冬だもんね。

塩鶴登山口~天狗岩

登山口入り口には木の棒などが置いてあります。ストックとして利用してくれということでしょうが、ストックは自前で用意したほうが良いです。理由は長さ調節ができるので、岩場などで邪魔にならない・登り下りに活用ができるためです。ストックマジで持って行ってよかったと思ってます。

足場のあまり良くないので、登山靴はあったほうがいいと思います。結構無理な体重のかかり方とかするので、スニーカーだと

2019年 11月 白鳥山 登山時

こうなりかねないので(これは登山靴だったんですが…劣化ですかね…)

僕はAmazonで新調しました。

 

自然が超楽しい。

カメラを持ってるっていうのもあるんですが、まぁ自然の光の美しいことよ……ってなります。

自然ってすごいなぁって、シャッターが進みまくります。そうそう、こういう瞬間が好きでカメラ買ったんだよなぁ。

自然を堪能していると、初の標識が見えてきます。

登り始めて30分ぐらい。まだ全然山登ってないんですが、なかなかのパノラマに登った気分になります。なんというか、やっぱ人里離れて自分の足で山に登る、って行為自体がいいですね。自己肯定感はめっちゃ得られます。

日陰の地面は凍っていたりするので、ここからはストックを使いました。

足場も悪く、森っぽくなってきて、ロープを使わないと登れない場所なども現れ、いい感じに登山っぽくなってきました。男の子だからワクワクしてしまう。

天狗岩~空池

天狗岩。言われてみると天狗の鼻っぽく見えるような……?

この奇形岩、自然にできたものってんだからすごいですね。

天狗岩の背。

岩と岩の間のトンネルをくぐって、空池へ。

空池

岩と岩の間から見える空が池に見えるから空池、って何かで観ました。

うーん、木々…w

そんな感じで引き続き登ります。山っていうか、森になってきた。異世界転生感があります。



尾根コース~山頂

道中分かれ道。谷コースと尾根コースに別れました。

初心者は尾根コースってことなので、尾根コースを進むことに。

いや~~わかるでしょ男の子。はしごってテンション爆上がりするよね!!!

続いてロープも登り!!

いやぁ!!!人工で作った足場!!!!男の子だから心が躍る!!!!!

一寸先は奈落!!ウヒョー!!!!!

岩場!!!!鎖場!!!!!!!!!!!鎖付きブーメラン!!(???

登った先の岩場からは景色が見れました。が、頂上への道ではないので引き返します。


山は楽しくてテンションが上ります。山は自分を開放してくれますし、自分と自然しかないので、自分と向き合えます。いい意味でも悪い意味でも、自分の素直な本性みたいなのが出てきます。

そんな中で自分を律するのも、無理をするのも自分次第なので、自己肯定と精神修行みたいな場としては登山って面白いなぁ、って思いました。

展望台

登り続けていくと日が差し込むエリアに。ホント、自然光っていいですよね。

第2展望台。景観は美しいわけではないですが、ここまで登ってきたって実感が得られるのが良いです。

机と椅子があるので、持ち込みで山コーヒーとか出来そうなのが良いですね~。

程なく歩いて、第3展望台。

景観に大きな差があるわけではないですが、こちらは椅子が用意してありました。お弁当とか食べられるのが良いですね。

立派な松の木が生えてました。

よくわからない木の実の写真撮ったりするのも楽しくなるので、山は良いですね~。

第3展望台側からひょうたん渕、つまり加江田渓谷に抜けられるみたい。

引き続き山頂を目指します。山頂アタックです。

自然光って、やっぱりいいよね……。

山小屋

山小屋。結構な人たちがこのへんで休憩したり、家族連れで遊んでいたりしました。ここまで来たら山頂まで登りたいですが、ここで引き返す人たちの気持ちもちょっと分かります。この先はちょっとしんどい。

ざくざくと進んでいきます。

カメラがあると、自然光のスポットライトみたいな風景の写真を撮ったりして、めっちゃ楽しいんです。

アホみたいな写真を撮るのも楽しいです。山とカメラは親和性が高いですね~って改めて思いました。荷物になるから、レンズ選びとか重量とか、色々問題点もあるけどね……!

 

山頂!!

などなどしていると、山頂に到着しました。本当にストックがめっちゃ有り難かった。なかったら引き返していた気がする。

景観はまぁ…絶景とは行かないわけですが、なんにせよ気持ちよかったですね~! 達成感が得られるのはとても良いことです。登山は自分で取り組んだ行為に対してのフィードバックが明確なので、PDCAサイクルが素晴らしい。IT系の人間が山にハマるってのはちょっと分かりましたね。



下山

下山は県道に出られる、九平登山口から降っていくことに。姥ヶ嶽神社に出る登山口ですが、足場はあまり良くないので、慎重に下山しました。

足場だと思った木が腐っていたりするので、なかなかのスリル。

おろしたての登山靴もいい感じに泥まみれ。

うーん、楽しく登れたけど…きつかった…!w

おみくじをひいたら中吉でした。

姥ヶ嶽神社まで降りてくれば、あとは参拝道なので足場は安全です。

椿の見頃は春前かなぁと思うので、また登ったついでに観に行きたいですね。

九平登山口から塩鶴登山口まで、40分ぐらい歩きながら下山。こんな山登ってたんだなぁ、って思いながら歩くと達成感があり、とても良いです。冬なので、寒いですけど。

駐車場まで戻ってきました。楽しかったー!

双石山タイムテーブル

11:16 塩鶴登山口

12:06 天狗岩

12:54 第2展望台

13:00 第3展望台

13:36 山小屋

14:00 山頂

14:45 姥ヶ嶽神社

15:08 九平登山口

15:51 塩鶴登山口

だいたい4時間半ぐらいでした。超楽しかったです。気軽に登れて達成感が得られる山はやっぱり良いですね~。

荷物を増やしたくなかったので、便利ズームのLEICA 12-60mm(フルサイズ換算24-120mm) F2.8-4.0だけで行きましたが、必要十分でした。

カメラと親和性が高いのもまた良い。時間見つけてまた登ろうと思います!楽しかった~~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください