満月チャレンジ

引きこもっているとブログ書くネタがないのでヤバいですね。こんばんわ。月は──出ているか!?

 

一生好き。月が綺麗ですね………///

ということで、スーパームーンだったみたいで、そういえば月の写真を撮ったこと無いなと思い、撮影チャレンジしてみることにしました。

 

Studio9を参考にやってみよう。

Studio9の

【完全保存版】手持ちのカメラで月をキレイに撮影する方法![満月から三日月まで]

を参考に、撮影してみることにしました。

 

とりあえず、必要なのは望遠レンズだけって書いてありまして、望遠端的には

月を撮るために必要なズームレンズは、最低でも35mm換算で200mm以上、できれば300mmは欲しい所です。これ以下でも写せない事はないですが、残念ながら上記のような大きな満月を写すのは厳しいです。

フルサイズ換算で300mmあればいいみたい。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R
/80-300mm相当(35mm判換算)

手持ちのレンズ、望遠端がフルサイズ換算で300mmだったので、条件クリアしていました。
中古市場価格が7000円とかのレンズなのですが、星の写真と比べると、月ってかなり敷居が低いですね。

 

さっそく、撮ってみよう。

月齢(日) ISO感度 F値 シャッター速度
14.8 (満月) 400 8.0 1/800

満月であれば、上記の設定で撮れるみたい。月は家からでも見える被写体なので、楽でいいですね。

2020/4/7 150mm(300mm) / F8.0 SS1/400 ISO200

撮って出し。SS1/400にしてISO上げました。

 

トリミングしてRAW現像しました。


RAW現像で明るさとか、トリミングして大きさを調整しました。
安いレンズでも意外とそれらしく、月の写真が撮れるもんだなぁびっくりです。

 

ピンクムーン

4月の満月を、ピンクムーンと呼ぶらしいです。というわけで、そちらも撮ってみました。

2020/4/8 150mm(300mm) / F8.0 SS1/50 ISO400

撮って出し。昨日の月に比べて、結構色が濃いです。ただ光量も少なく、時間はほぼ同じでしたが、SSは結構遅めの1/50 ISOも200から400まで上げています。

 

トリミングしてRAW現像しました。


RAW現像で明るさとか、トリミングして大きさを調整しました。
いい感じに赤みがかったものになった気がします。

比較。僕は左のほうが好きかなぁ。黄金色が好き。

 

おわりに。

スマホだと無理ですが……カメラで満月を撮るのは思ったより楽勝でした。

環境が揃っているのならば、満月時には撮ってみると楽しいかもしれません。写真撮りに出かけてぇ……(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください